節分

 本来は季節の移り変わる立春、立夏、立秋、立冬の 前日のことでしたが、次第に春だけを用いるようになり、現在は立春の前日の名称となり、神社をはじめ一般家庭では豆をまいて鬼(邪気)を祓い、一年の無病息災を願い、福を招き入れる行事です。
 炒った豆を撒き、蒔かれた豆を、自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるとも伝えられます。



令和2年 節分祭の様子